satomieko.jpg佐藤 美枝子Mieko Sato(Soprano)
武蔵野音楽大学卒業。(財)日本オペラ振興会オペラ歌手育成部第9期生修了後、イタリアに留学。留学中1996年、第7回 五島記念文化賞オペラ新人賞を受賞し、1997年より(財)五島記念文化財団の奨学生としてさらに2年間イタリアで研鑽を積む。・・・・・続きプロフィール全文 

photo:武藤章

2016年01月15日

2016年4月コンサートスケジュール

<佐藤美枝子&小貫岩夫デュオ・コンサート>

日時:2016年4月9日(土)14:00開演
会場:菊川文化会館アエル
曲目:プッチーニ:「蝶々夫人」より”ある晴れた日に” 
   ヴェルディ:「椿姫」より”ああ、そはかの人か〜花から花へ”
   山田耕筰:からたちの花
   バーンスタイン:『ウエストサイドストーリー』より “マリア”
   プッチーニ:オペラ『トスカ』より “星は光りぬ”
   山田耕筰:あわて床屋
   ヴェルディ:「椿姫」より 二重唱 ”パリを離れて”   他、順不同

共演:小貫岩夫(テノール)、柴田かんな(ピアノ)
      
問合せ:菊川文化会館アエルの電話番号は、0537 35−1515
     
posted by JapanArts at 18:15| コンサートスケジュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月05日

2016年3月コンサートスケジュール

<都民芸術フェスティバル 
日本の歌・シリーズ No.2「日本人の愛のかたち」>

日時:2016年3月10日(木)19:00開演
会場:東京文化会館 小ホール
曲目:團伊玖磨:「夕鶴」より”与ひょう、あたしの大事な与ひょう」他
共演:大槻孝志(テノール)、坂下忠弘(バリトン)、河原忠之(ピアノ)
      
問合せ:公益社団法人 日本演奏連盟 Tel.03-3539-5131


<郡愛子のワンダフル・コンサート 春の訪れ 〜人生は歌のなかに>

日時:2016年3月13日(日)15:00開演
会場:川口リリア・音楽ホール
曲目:ヴェルディ:「椿姫」より”花から花へ” 他
共演:郡愛子(歌・司会進行)、藤原藍子(ピアノ)
   おたのしみゲスト:江原啓之
   
問合せ:リリア・チケットセンター Tel.048-254-9900


posted by JapanArts at 15:31| コンサートスケジュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月31日

コンサートスケジュール

しばらくお待ちください!
posted by JapanArts at 17:16| コンサートスケジュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

(終了)コンサートスケジュール

■2010年2月27日(土) 15:00
佐藤美枝子ソプラノ・リサイタル
会場 稲城市立iプラザ ホール
出演 佐藤美枝子、河原忠之(ピアノ)
(問)TEL:042-331-1720

■2010年3月4日(木) 18:30
佐藤美枝子&江原啓之 愛のジョイント・コンサート
会場 幸田町民会館さくらホール
出演 佐藤美枝子(ソプラノ)、江原啓之(バリトン)、河原忠之(ピアノ)
(問)TEL:0564-63-1111 

■2010年3月24日(水) 14:00
第636回三越名人会クラシックサロン「佐藤美枝子ソプラノリサイタル」
会場 三越劇場
出演 佐藤美枝子、河原忠之(ピアノ)
(問)TEL:0120-03-9354

■2010年4月17日(土) 16:00
いずみホール・オペラ興行詳細
ロッシーニ(歌劇「ランスへの旅」)
会場 いずみホール
出演 [指揮]佐藤正浩/[出演]佐藤美枝子/福原寿美枝/尾崎比佐子/石橋栄実/清水徹太郎/松本薫平/井原秀人/他/[演奏]ザ・
カレッジ・オペラハウス管弦楽団
(問)TEL:06-6944-1188

■2010年7月1日 (木) 18:15開演 昭和女子大学人見記念講堂
アマデウスを聴こう!(学内公演)
管弦楽:東京フィル室内合奏団
司会進行:柳家三三(モーツァルト役)
平井 秀明(指揮)、田部 京子(ピアノ)、佐藤 美枝子(ソプラノ)、大澤 健(バス・バリトン)、
<曲 目>
第1部〜アマデウス物語〜モーツァルトの生涯と名曲     
第2部〜モーツァルトのオペラと交響曲
<主 催>昭和女子大学(非公開公演)

■2010年8月5日(木) 19:00開演 広島国際会議場フェニックスホール
2010「平和の夕べ」コンサート 
ヴェルディ:レクイエム
出演:佐藤美枝子(ソプラノ)、坂本朱(メゾ・ソプラノ)、錦織健(テノール)、福島朋也(バリトン)
オーケストラ:広島交響楽団
(問)広響事務局 082-532-3080
posted by JapanArts at 14:17| コンサートスケジュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月09日

プロフィールをもっと知りたい。

出身:大分
趣味:キャンプなどアウトドア
好きな食べ物:イタリアン、焼肉
ストレス解消:車の運転 や お花見
posted by JapanArts at 17:27| もっと知りたい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロフィール

satomieko.jpg佐藤 美枝子Mieko Sato(Soprano)
武蔵野音楽大学卒業。(財)日本オペラ振興会オペラ歌手育成部第9期生修了後、イタリアに留学。
留学中1996年、第7回 五島記念文化賞オペラ新人賞を受賞し、1997年より(財)五島記念文化財団の奨学生としてさらに2年間イタリアで研鑽を積む。

1998年、第11回チャイコフスキー国際音楽コンクール声楽部門で日本人初の第1位を受賞、世界の注目を集める。その他、第64回日本音楽コンクール声楽部門第1位、同時に増沢賞、海外派遣特別賞をはじめ国内外のコンクールに入賞。

1995年、イタリア・ローマ市マンツォーニ劇場「リゴレット」のジルダでオペラ・デビュー。それ以後、国内外の数多くのオペラに出演。現在までに「カルメン」ミカエラ、「オルフェオとエウリディーチェ」アモーレ、「ウィンザーの陽気な女房たち」アンナ・ライヒ、「ランメルモールのルチア」タイトルロール、「カプレーティ家とモンテッキ家」ジュリエッタ、「リゴレット」にてジルダ、「イタリアのトルコ人」のフィオリッラ、「椿姫」ヴィオレッタ、「魔笛」で夜の女王、「ランスへの旅」フォルヴィル伯爵夫人・コリンナ、「ラ・ボエーム」ムゼッタ、「愛の妙薬」アディーナ、「美女と野獣」絹、「イオランタ」タイトルロール、「ファルスタッフ」ナンネッタで出演。

2003年、ブルガリアのソフィア国立歌劇場に招かれ「ランメルモールのルチア」と「リゴレット」を主演し、大絶賛を博した。また、同年、得意とする「ランメルモールのルチア」のハイライト版「幻想のルチア」(演出:岩田達宗)が佐藤美枝子のために創作され、愛知で初演された。オペラの魅力が凝縮された独創的な舞台は、その後も各地で上演され話題を呼んでいる。そのほか、サントリホールをはじめ日本各地でのリサイタルの他、マーラー:「復活」(インバル指揮フィルハーモニア管)、オルフ:「カルミナ・ブラーナ」、ストラヴィンスキー:オペラ・コンチェルタンテ「夜鳴きうぐいす」など各種コンサートに出演。2008年11月、藤原歌劇団再演「ラ・ボエーム」のムゼッタ役で出演。さらに2009年6月、「イオランタ」(コンサート形式)のタイトルロールでフェドセーエフ指揮/モスクワ放送交響楽団と共演、感情豊かな表現力で感動を呼び、高い評価を得る。今後も各地でリサイタルやオペラの出演を予定している。

CDはビクターエンタテインメントより「至上のルチア」「アリア」「さくら横ちょう」「チャイコフスキー歌曲集」「千の風になって」に加え2008年7月、「ああ、信じられないわ〜 オペラ・アリア集」をリリース。2009年には、「チャイコフスキー歌曲集U」がリリースされた。

第9回出光音楽賞、第2回ロシア歌曲賞、第10回新日鉄音楽賞フレッシュアーティスト賞の各賞を受賞。藤原歌劇団団員。
公式ホームページ:http://satomieko.com/  

posted by JapanArts at 17:22| プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

English Profile

satomieko.jpgMieko Sato (Soprano)
Mieko Sato graduated the Musashino Academy of Music in Tokyo.  After completing the 9th training course for opera singers at the Japan Opera Foundation, she went to Italy to continue her opera studies.  While in Italy, she was awarded the 7th Goto Memorial Culture Award for new opera singers in 1996 and extended her study in Italy for 2 years on a scholarship from the Goto Memorial Culture Foundation from 1997.
In 1998, she received international attention as the first Japanese to win the voice division of the 11th International Tchaikovsky Competition.  She also won the 1st prize of voice division, Masuzawa prize, and study abroad special prize of the 64th Japan Music competition, among other prizes at competitions in Japan and abroad.

In 1995, she made her opera debut performing Gilda in “Rigoletto” at the Teatro Manzoni in Rome, Italy.  Since then she has performed title role of “Lucia di Lammermoor”, Micaela in “Carmen”, Amore in “Orfeo ed Euridice”, Anna Reich in “The Merry Wives of Windsor”, Contessa di Folleville in “Il viaggio a Reims”, Giulietta in “I Capuleti e I Montecchi”, Gilda in “Rigoletto”, Fiorilla in “Il Turco in Italy”, Violetta in “La Traviata”, Königin der Nacht in “Die Zarberflöte”, Kinu in “Beauty and the Beast”, Musetta in “La Bohème”, Adina in “L’Elisir d’amore”, title role of “Iolanta”, and Nanetta in “Falstaff”, one after another in Japan and abroad.
 
In 2003, she was invited to perform “Lucia di Lammermoor” and “Rigoletto” at the Sofia National Opera in Bulgaria and received great acclaim.  In the same year, highlights version of her specialty “Lucia di Lammermoor” was produced under the title “Lucia in Fantasy” (directed by Tatsuji Iwata) for Sato and premièred in Aichi. 
The unique production which extracts attractions of the opera has been presented in different places in Japan always attracting attention.  She has also performed recitals in Suntory Hall, Tokyo and many places in Japan, as well as concerts of Mahler: Symphony No. 2 “Auferstehung” with the Philharmonia Orchestra conducted by Eliahu Inbal, Orf: “Carmina Burana”, Stravinsky: Opera Concertante “Le Rossignol” and others.

Sato performed Musetta in “La Boheme”with Fujiwara Opera Company in November 2008, and “Iolanta”with Tchaikovsky Symphony Orchestra of Moscow Radio in Moscow and Japan,as well as recitals and “Lucia in Fantasy” in Japan in 2009.

In addition to the CDs recorded for Victor Entertainment, “La Lucia”, “Aria”, “Japanese songs〜Sakura−Yokocho〜”,  “Tchaikovsky songsT”, “Sen no Kazeni natte”,“Ah! Non credea mirarti〜Opera Arias” and released “Tchaikovsky songsU”in 2009. Mieko Sato is awarded the 9th Idemitsu Music Award,the 2nd Russian Song Award,and the 10th Japan Steel Music Award for Fresh Artists.She is a member of Fujiwara Opera Company.
http://satomieko.com/ 

posted by JapanArts at 17:20| English Profile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。